2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.02.27 (Fri)

出産 其の弐。

前回のつづきです。

携帯でちまちま書いているので、読み難かったり文章変だったりするかと思いますがお許しくださいm(__)m

【More・・・】


《今度こそ帰されないように頑張るぞ(・∀・)編》



入院手続きをして病棟に行くとすぐに陣痛室へ通されました。


NSTの機械をつけて、赤ちゃんの心拍とお腹の張りを確認。
13時位に内診をして貰うと、5センチまで開いていました。
痛みもお腹と言うより骨盤(恥骨と股関節)が痛くなり、太股まで痺れる感じに…。
※ここで旦那さんは一旦お仕事に向かいました(´Д`)ノシ



痛みは強くなろうともお腹は空いたのでお昼ご飯は完食(笑)
食後にNSTを外して貰い、室内を徘徊したりスクワットしてみたり。

15時にはHaChiCoの両親が来てくれましたが、30分程話した後に『暇つぶし』に出掛けてしまいました(´・ω・`)
(話し相手が居ないとなかなか辛いのですけど…)

そして再びNSTです。
ついでに、おやつのゴマポーロとジョアを堪能しました。
(ご飯食べられなくなるかも知れないから。)



16時半には戻って来てくれた両親でしたが、ここからが地獄…
(記憶も殆ど無いくらい)

先に言ってしまうと、私、お利口妊婦さんではありませんでした。
叫ぶは泣くは八つ当たりするはパニック起こすは…最終的には
「いきんじゃ駄目!!」
と怒られてもいきんでしまうとか…
(アカサン苦しかったよね…ごめん。)

しかも、夕ご飯は臭いが気持ち悪くて即撤収~。
メニューの確認すら出来ませんでした…。
トイレで陣痛が来ると辛すぎるので、水分もとらなかったり。
陣痛の合間はウトウトしたりしたのですけど…汗だくになるので水分取れないのは辛かったかな。

そしてそして、20時頃旦那さんが仕事を終えて来てくれて、HaChiCo両親とバトンタッチ。
呻き叫び泣くHaChiCoの肛門をしっかり押してくれていました(笑)
因みに、最初から最後まで恥骨が痛いという罠。
最後なんか金鎚で粉々に砕かれて行く感じでした(T-T)

兎に角痛い。
陣痛の合間も痛い。
それでも助産師さんには、
「今お腹張ってないでしょ?痛くないよ。いきんじゃ駄目!!(`・ω・´)」
…と怒られる始末。
ぶっちゃけ、お腹の張りや痛みが解らないくらい恥骨が痛かったんです。
(一生懸命訴えても伝わりませんでしたが…)

夕方の時点から、陣痛の間隔も長さも測れなくなっており、22時を廻る頃には、痛みに翻弄され意識朦朧状態のHaChiCo。
(合間に意識落として陣痛パニックに陥るとか…ね。)

八つ当たりする事も痛み逃しすることも出来なくなり、かなり醜い状態に…。
しかし旦那さんは文句も言わず介抱し続けてくれました。
(一度、煙草を吸いに外出した気がするけど…)

最終的には「痛い」「もうヤダ」「助けて」「アカサンごめん」と言う言葉しか出て来ない始末。
(駄目過ぎジャマイカ…。)

そこで漸く破水をし、陣痛室から分娩室へ移動する事になったのです。





つづく。

テーマ : 妊娠・出産 - ジャンル : 結婚・家庭生活

10:22  |  しゅっさん。  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。